トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】英検直前にやるべき事2つ

【英語】英検直前にやるべき事2つ

こんにちは、広島の英語塾、スクール今西英語学院の今西一太です。

先日高校生の生徒からこんな質問を受けました。

「1月に英検準1級を受けるんですが、今からどんな勉強をすればいいですか?」

 


その場に英検1級を持っている先生も同席していたので、その生徒には2人でアドバイスをしました。

1月と言えばあと一か月しかありません根本的な読解力、会話力、聴解力などを伸ばそうとしても無理があります

よって、直前の時期には、以下の二つに集中することをお勧めします。



1. 単語量を増やす

直前の対策で一番効果が出やすいのは、なんといっても単語です。

第一問は単語さえ知っていれば解ける問題ですし、それ以降も単語を知っていさえすれば全体の意味が多少曖昧でも解ける問題は多くあります。

1か月あれば、その気になれば相当の量の単語を増やすことが出来ます。以下の二つの記事などを参考にしつつ、単語の勉強を頑張ってみましょう!

・単語帳を使った方がいい二つの場合
・英単語の勉強法で守るべきたった一つのルール



2. 過去問3回分を徹底的にマスターする

英検の過去問は公式ページで3回分ダウンロード出来ます。これを印刷して、何度も繰り返し解いて内容を習得しましょう

出てくる単語を全て覚えてしまえば、上記の1の内容の勉強もすることが出来ます。

英検1級を取得している先生の知り合いに、資格を大量に持っている方がいらっしゃるらしいのですが、その方いわく、

「3回分の過去問を完璧にしておけば大体の試験は通る」

ということです。

過去問3回分は5回以上繰り返し解き、出てくる全ての単語の意味を覚えるのは当然、どの単語がどこに出ているかすぐに言えるぐらい徹底的に覚えてしまうぐらいまで完璧に仕上げてしまいましょう。


以上、直前に出来る英検対策でした。

英検も上の級になってくると小手先の技術だけではなかなか合格できず、根本的な英語力、知識や教養などが重要になって来ます。

しかし、それがあるという前提ならばこの対策でかなり直前に点を伸ばすことが出来ることは間違いありません。

最後まであきらめず、一生懸命頑張ってくださいね!


関連記事
暗唱の良い例と悪い例
英語上達で意識すべき二つの事と定期テスト
絶対にやめた方が良い二種類の音読
今すぐ無料で英語を話す機会を10倍にする方法
絶対に英語を苦手科目にしないため、中一がやるべきたった二つの事



英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ



 
at 2016/12/21 16:40:30