トップ  > 英語学院  > 英語学院 入会までの流れ・よくある質問(FAQ)

英語学院 入会までの流れ・よくある質問(FAQ)

入会までの流れ
1. お問い合わせ

まずはメールフォームやお電話(082-961-4104)などでお問合せください。ご質問にお答えしたうえで、個別説明会のご案内・日程調整をいたします。

※電話は授業中などで出られない時間が多いため、留守電をご利用いただくか、メールフォームの方が確実に連絡を取ることができます。

2. 個別説明会の実施、体験授業の予約

個別説明会では、現在のレベルや得意・苦手な分野、学習したい内容のご希望などを詳しくお伺いしたうえで、当学院で提供できる一番ふさわしいコースのご案内をさせて頂きます。ご希望であれば、体験授業の予約をお取りいたします(とりあえず説明会だけにして、体験授業は後から検討することも可能です)。

3. 無料体験授業の受講

説明会とは別日程で無料体験を受講いただきます。体験授業は1種類の授業(自律学習型、グループ授業型、など)につき1回受講することが可能です。

4. 入会のご検討

1週間以内を目安に入会の是非をご検討いただきます。ご入会いただける場合は、開始時期や曜日・時間帯の調整を行います。月の途中からの開始も可能です(その場合、授業料を日割りで計算します)

5. 入会

四技能型の英語指導を受けて学習を行っていくことにより、世界で通じる英語力の育成を行います。

よくある質問

 

Q1:学校の補習やテスト対策は出来ますか?
基本的には学校とは独立のカリキュラムで授業を進めますので、学校の補習やテスト対策が主な目的である場合は他塾をご検討下さい。ただし、テスト勉強の学習法指導やアドバイスは良く行っていますし、授業の形態によっては一部テスト対策や補習を行うことも可能です。

自律学習クラス:テスト直前にはテスト対策として学校の教材を使って指導をすることが可能です。学校について行くのが難しい状態の場合、学校の進度に即した形で文法指導などを行うことが出来ます。

グループ授業:基本的に学校のテスト対策は行いません。授業の前後に質問対応をすることは可能です。

 
Q2:曜日や時間帯を選ぶことはできますか?
授業の形態によって変わってきます。

自律学習クラス:火曜日~土曜日まで毎日開講しており、空きがある限り時間帯を選ぶことが出来ます。
グループ授業:同じレベルの方とクラスを組みますので、その時間に合わせていただく必要があります。時間帯のご希望はクラスに入る際にお聞きします。

 
Q3:1回の授業は何分間ですか?
1回70分です。平日(火曜から金曜)は17:30~21:20、土曜日は13:30~20:00に開講しています。日曜と月曜は定休日です。「チケット制」の1対1個別指導であれば、平日の午後の早い時間や土曜日の午前中も可能です。

 
Q4:授業の振替はできますか?
可能です。詳しい仕組みについては説明会でご説明しています。

 
Q5:どんな学校の方が多く通っていますか?男女比は?
広島女学院、ノートルダム清心、広島大学附属など、中高一貫校の方が多いですが、公立学校の方もいらっしゃいます。女子生徒の方が数は多いです。詳しくは「生徒の統計情報」のページをご覧ください。

 
Q6:大学受験生はいますか?
はい、います。学院の基本方針は「英語4技能を鍛えること」ですが、大学受験の対策も行っており、毎年多くの大学受験生が合格実績を出しています。

 
Q7:今西一太先生の授業を受けることはできますか?
2021年度は、以下の授業の担当をします。


・榎町/広島駅前:「チケット制」個別指導(日程は個別に調整)
・榎町:木曜 18:50-20:00 中級グループ授業(英検2級程度)
・榎町:土曜 16:10-17:20 大学受験クラス(高2以上かつ英検2級以上)

 
Q8:社会人はいますか?
はい、生徒の5%程度は社会人の方です。仕事で英語を使う方、外国人と関わりが多い方、留学を目指している方などが一生懸命英語習得のために頑張っていらっしゃいます。

 
Q9:英検対策はできますか?
はい、可能です。普段の授業から英検を意識した課題や問題演習を多く行いますし、ご希望であれば英検対策を中心に授業を進めることも可能です。

 
Q10:TOEIC対策はできますか?
TOEIC対策は行っておりません。TOEICの点数を上げることが主な目的である場合、一般的な英会話教室などをご検討ください。

 
Q11:入会資格や入会テストなどはありますか?
「生徒本人が自主的に英語を勉強したいという意思を持っている」という場合に入会をお勧めしています。
英語力のレベルによる制限はありません。

以下のような場合は当方でカリキュラムに合わないと判断し、入会の是非を検討する場を設ける可能性があります。

(1) 生徒本人に自主的に英語を勉強しようという意思が見られない
(2) 定期テスト対策を中心に学習したい
(3) ご希望やレベルに適したコースの提供が難しい

また、以下に該当する方は入会できません。

(1) 小学生4年生以下(5年生になるまでお待ちください)
(2) Eメール(携帯も可)で連絡事項や英作文提出などのやり取りが出来ない方

 
Q12:入ってもついていけるかどうか不安なのですが…
文法・長文学習は「自律学習」という名前で、一人一人が自分のペースで授業を進めますので、ついていけないということは基本的にありません。

グループ授業の場合は周りの生徒のレベルと調整をする必要がありますが、難しすぎたら簡単すぎたりする場合はいつでもクラス変更が可能ですのでご安心ください。

 
Q13:早めに到着した際に自習をすることは可能ですか?

教室は早めに空いていることがほとんどですので、自習をしながら待機していただくことが可能です。ご心配な場合は事前にお知らせいただけましたら教室を早めに空けておくことが可能です。

 
Q14:どんな教材を使用していますか?
以下は各レベルで主に使用するテキストです。(他のテキストを使用する場合もあります)

自律学習(中学初級~英検2級):
『中学英語スーパードリル 中一前期』

『中1英語をひとつひとつわかりやすく』
Basic Grammar in Use およびその和訳補助テキスト
Grammar in Use Intermediate およびその和訳補助テキスト
Oxford Bookworms シリーズの洋書(レベル0~4)
Oxford Read and Discover シリーズの洋書(レベル1~3)

中級レベル(英検準2級~1級):
オリジナルのスピーキング・文法課題

英検2級、準1級の過去問
Select Readings second edition (Pre-Intermediate - Upper-Intermediate)

Reading Explorer 4

TOEFL iBT 対策個別指導:
オリジナルのスピーキング課題
『受験英語からのTOEFL リーディング・リスニング』
『TOEFL Test 対策 iBT スピーキング』
『TOEFL iBT テストライティング統合問題』

高校受験(自律学習):
『高校入試単元別演習 ファイナルダッシュ英語』
『高校入試問題集 英語の完成 難関国私立校突破』
『中学必修テキスト 英語』

大学受験(自律学習、グループ授業):
『高校リード問題集』シリーズ
大学受験の過去問

全レベル:レベル分けのある洋書を大量に置いてあり、それをレンタルして「多読」を行います。


『文で覚える単熟語』シリーズを多くの授業で活用しています
 
その他何か疑問点がありましたらメールフォームか、082-961-4104 までお気軽にお問い合わせください。
 
英語学院代表 今西一太(いまにし・かずひろ)
at 2015/10/01 07:52:00