トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】英検準1級で 捨てるべき所・満点を目指す所

【英語】英検準1級で 捨てるべき所・満点を目指す所

こんにちは、広島市の四技能型英語塾、スクール今西英語学院の今西一太です。

毎年この時期は現在の生徒の方からの紹介で入会される方がいらっしゃるのですが、今年は特にそういう方が多く、本当にありがたい限りです。期待を裏切らないように指導の質を更に高めて行こうと思います。

さて、現在ちょうど英検のシーズンです。スクール今西でも多くの生徒が受験しており、合格した人、不合格の人、様々でした。(普通の塾だったらここで「○○級合格しました!」とアピールするのかもしれませんが…笑)

 

今回の試験は特に英検準1級に挑戦してあと一歩の所で残念な結果に終わった人が多いように思います。英検準1級を突破した人はたくさん知っていますが、やはり中高生(主に高校生ですが)にとってはかなり大きな壁となって立ちはだかっている様子がよくわかります。

そこで今日は、英検準1級に合格する為にスコアの目標について書いてみようと思います。

結論から言うと、英検準1級の1次試験に合格している中学生や高校生は、大体以下のような得点配分で合格になっていることが多いように思います。

語彙:半分ぐらい
長文:ほぼ満点
リスニング:7割ぐらい
英作文:ほぼ満点


面白いことに、以前参加したセミナーでもほぼ同じようなことが紹介されていました。この傾向は全国どこでも共通なのかな、と思っています。

1. 語彙問題:半分ぐらい

英検の語彙問題は他の問題に比べて以上に難しく、準1級であってもたまに英語の先生も良く知らないような単語が出てきたりします。このセクションで高得点を取るのは非常に難しいので、ぶっちゃけ諦めましょう(笑)!長文の勉強をしながら単語を少しずつ増やし、半分ぐらい点が取れれば御の字、です。

2. 長文ほぼ満点

ここは稼ぎどころです。準1級に合格できる英語力を持つことを目指すなら、長文問題はほぼ全問正解できる必要があります。出来ない人は、ひたすらもっと沢山長文を読み、音読で復習するという事を繰り返す必要があります。

3. リスニング:7割ぐらい

英検準1級のリスニングはそれほど難しくはありませんが、ここで満点を取ろうとするのは普通の中高生には少しハードルが高いです。過去問などで7割程度取れればとりあえずそこで一旦一区切りと考えてよいかと思います。

4. 英作文:ほぼ満点

長文と同じく、ここが稼ぎどころです。英作文一つだけで「語彙+長文」「リスニング」のそれぞれと全く同じ配点があるということの意味を考えましょう。英検準1級に合格したかったら、英作文のレベルを上げること、これが定石です。

まずは

・採点基準を知ること

これが最優先です。英検公式サイトの

ライティングテストの採点における観点および注意点

を熟読しましょう。

その上で、

・出来るだけ沢山書く
・文法ミスを先生に直してもらう
・それを習得してまた書く


この作業を繰り返して上達させていきましょう。沢山長文や洋書を読んで使える表現を取り入れていくことも必要です。

帰国子女や小学校からサマースクールに通っていたような特別な環境にいた人ではなくても、中学生や高校生で英検準1級を取っている人は沢山います。自分には無理だと思わず、上のスコアを目標にやるべきことをしっかりこなしていきましょう!

関連記事
英検直前にやるべきこと2つ
帰国子女じゃないのに18歳までに英検1級を取得した人の特徴
英検準1級合格中学生インタビュー
広島大学進学ガイダンス参加報告
広島大学で英語満点扱いにするには英検かTOEFLか


英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ


 
at 2018/02/16 19:17:12