トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】英検準1級に向けたお勧め勉強法その1

【英語】英検準1級に向けたお勧め勉強法その1

こんにちは、広島市の四技能型英語塾、スクール今西英語学院の今西一太です。

英語学院の「中級」クラスには英検準2級~2級ぐらいのレベルの生徒がたくさん通っているのですが、特に2級レベルの生徒から「英検準1級はどうやったら取れますか?」という質問が多くあります。

そこで、「英検準1級取得のための勉強法」というプリントを作成することに決め、現在その作成を行っている最中です。

 


このブログで「英検準1級で捨てるべきところ・満点を目指すところ」という記事を書いたことがあります。具体的にはそのスコア配分を目指して英検2級レベルから学習していく方法について書くつもりです。

まだ書く内容がすべて確定しているわけではありませんが、書く予定にしている内容を一部ここでシェアしたいと思います。

1. 英作文は最低毎週1本書き、文法と内容に関する添削を受け、その添削をじっくり復習して次回に活かす。直された英作文は清書して、繰り返し音読して暗唱する。

週に1本の英作文は、教室に通っている生徒で英作文の宿題を毎回きちんと行っていれば自然とクリアできる条件です。(ネイティブ文法チェック+私の構成・内容などに関するコメントが毎回返ってきます)

何と言っても英検準1級1次試験の3分の1は英作文ですこれで高得点を取らないと合格はほぼ不可能と言っても差し支えないでしょう。英作文の優先度は非常に高く、文法だけでなく構成、語彙、内容(理由付け)にまで気を配って練習していく必要があります。

また、返ってきた添削をそのままにしてしまうのはあまりにももったいないです。きちんと自分で清書して、繰り返し音読して、スラスラいえるまで暗唱してしまいましょう。毎週この暗唱をやれば100%絶対に英語力が伸びます。あとはやるかやらないかです。

暗唱の方法については「暗唱の良い例と悪い例」の記事もご参照ください。

2. 長文を一字一句理解できるまで精読する。

非常に高い英語力を持っている生徒は文法をきちんと理解して一字一句正確に読みこなす練習を多く行っている人が多いです。

逆にある程度のところで止まってしまう人は、なんとなく読んで多分これが正解だろう、という読解方法を取っている人が多いです。(どこで止まるかは人によりますし、なんとなく読みで準1級まで受かってしまう人もごく一部いますが)

準1級レベルに到達するため、辞書を使って一字一句、「なぜこの動詞はここでは過去完了形なのか」「なぜこの名詞はここでは単数形なのか」「なぜここでは about ではなくて of が使ってあるのか」などまできちんと意識して調べ、理解しながら完璧に読解する練習をたくさん行ってください


この正確な読解を行った後に本番となる復習が待っているのですが、少し記事が長くなってしまったので次回の記事に回したいと思います。次回は今回の続きとして、

・復習に時間をかける
・リスニングはよく理解できるものをたくさん聴く


の二つについて記事を書こうと思います。乞うご期待!

関連記事:
初級者を一気に抜け出した方法
成績の良い生徒は反復回数が多い
やっぱり多読は大事だし、やらないといけない
進学校の生徒の文法が恐ろしい勢いで崩れてきている
長文読解の後に絶対やった方がいいこと

中高生の英語に対する見方を変える指導


英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ

 
at 2018/11/15 13:22:53