トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】初級者を一気に抜け出した方法

【英語】初級者を一気に抜け出した方法

こんにちは、広島市の四技能型英語塾、スクール今西英語学院の今西一太です。実は私、事情があって中国語をかなり本格的に勉強しています。

今回は私が10月半ばの台湾行き(参考記事:「台北科技大学で講演します」 「台湾の学生が驚く日本の英語教育は」)に合わせて勉強し、半年かけて急激にレベルアップした方法を紹介し、皆様の英語学習の参考にしてもらうために記事を書いています。

中国語は10年以上前から勉強していたのですが、今回の台湾行きの前までは

・切符を買ったり自己紹介をしたり、その他簡単な会話ならやりとりができる
・話していてもリスニングが難しく、分からなくなって会話が中断することが多い
・漢字が分かるので、本の理解は大体できるが分からない単語は沢山出てくる


という状態だったのが、今回の滞在では

・友達との会話を7割程度は中国語で問題なくすることができた
・色んな人に「中国語上手いね」と言われた
・(分からなときは全然分からないが)話の全体像が分かっている状態ならほぼ問題なくリスニングでき、理解できた


のような状態になることができました。まだまだのレベルですが、ようやく万年初級者から脱して中級者になれたという印象です。

 
(写真は友人と一緒に行った鍋のお店)

このために行ったのは、いつも生徒に対して英語で「やれ」と言っている方法、つまり大量の読解、反復(音読、単語)、大量のリスニングでした。例えば、

(1) 中国語の本を1冊250ページ、辞書を使って一字一句正確に読解。新出単語や自分で使えそうにない単語はルーズリーフに全部メモ。そのルーズリーフの写真を携帯で撮影し、暇なときできるだけ頻繁に見返して発音し、復習する。

(2) 同じ本のページを数ページ分コピーに取り、机の周辺に常に置いておいて、時間があるときに繰り返し音読する。合計25回程度。

(3) とあるアニメ(1話20分)を120話程度全部字幕付きの中国語音声で見る。字幕のないアニメも他の出来るだけ多くみるようにする。合計50時間程度は中国語をリスニングした。

(4) 別のアニメ(20分)の字幕をすべて読解し、完璧に分かる状態にしたうえでシャドーイングを繰り返し行う。


この勉強法で読解力、単語力、リスニング力を鍛えたところ、付随的に会話力もかなり上がって全体的にかなりのレベルアップを図ることができました。(作文力だけは練習していないのでよくわかりませんが)

最近は軽視されがちな傾向もありますが、やはり

・文法をきちんと理解したうえで一字一句正確に読解する

という勉強法は、かなりの効果を発揮すると実感しています。(ただし、あくまでのある程度の量をこなすという前提で。)

また、

・内容を理解しながら大量にリスニングする

というのも非常に大事なことだと実感しました。今回の勉強で一番上がったのはリスニングだと感じます。

ということで、これからも生徒には「大量の読書、リスニング」をどんどん勧めていこうと思います。例えば、洋書1冊を辞書を使って正確に読解し、出てきた単語をノートにまとめて繰り返し見る勉強などはいかがでしょうか?多読とはまた違った意味で英語力アップにものすごく貢献してくれると思います!

関連記事:
成績の良い生徒は反復回数が多い
やっぱり多読は大事だし、やらないといけない
進学校の生徒の文法が恐ろしい勢いで崩れてきている
長文読解の後に絶対やった方がいいこと

中高生の英語に対する見方を変える指導


英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ
 
at 2018/10/25 18:49:08