トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】英単語の勉強法で守るべきたった一つのルール

【英語】英単語の勉強法で守るべきたった一つのルール

広島市中区の英語塾、School Imanishi 英語学院の講師、今西一太がお送りします。

単語帳を使って勉強するときに 絶対やめてほしい勉強法があります。

それは、例えば1000個の単語を覚えるのに 1日20個ずつ覚えて行って 50日間で覚えようとする勉強法です。




この勉強法では、ご存知の通り、 最後の方になってきたら 最初に覚えたものはほとんどきれいさっぱり忘れています。これは実は人間の記憶の仕組みを無視した、 非常に効率の悪い勉強法です。

実は同じ時間を使って、はるかに効率のよい勉強が出来ます。

英単語を単語帳で覚える際に絶対守るべきルール、それは、とにかく繰り返しの数を増やし、 それぞれの単語に触れる回数を増やすことです。 (英語講師の関正生先生は、 「うろ覚えの繰り返し」と言っています)

例えば、1000個の単語を覚えたいのだったら、 1日20個をしっかりと覚えるのではなく、 1日200個をざっと見て何となく覚えます。 そうすると、5日間で1000個の単語を ざっと見ることが出来ます。 その時点では もちろんほとんど記憶には残りません。

そこから、また同じ1000個を5日間かけて 200個×5日間でざっと覚えます。

この5日間を10回繰り返せば、 最初の「やめてほしい勉強法」と同じ50日が経過します。

その結果の違いは歴然たるものです。 「全然単語が覚えられない」 と困り果てていた生徒が この勉強法で、テストの単語熟語の範囲で 始めて成果を出すことができました。

1日200個が多ければ、 1日100個×5日で500個を 6、7回繰り返しましょう。 1ヶ月ちょっとで単語が500個確実に覚えられたら それはかなりすごいことですよ。

単語の学習に限りませんが、 記憶のコツはとにかく間をおいて繰り返すことです。 忘れそうになったところで もう一度記憶を刺激することです。 一回一回を確実に覚えようとするのではなく、 とにかく触れる回数を増やしてください。 それが、人間の記憶の仕組みを活用した 単語学習と言うものです。

単語学習にはほかにもコツがいくつかありますが、 今日はその中でも特に大事なものだけ取り上げました。 是非お試しあれ!

S
関連記事
暗唱の良い例と悪い例
英語上達で意識すべき二つの事と定期テスト
絶対にやめた方が良い二種類の音読
今すぐ無料で英語を話す機会を10倍にする方法
絶対に英語を苦手科目にしないため、中一がやるべきたった二つの事

単語帳を使った方がいい二つの場合


英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ
at 2015/03/28 13:04:26