トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】単語帳を使った方がいい二つの場合

【英語】単語帳を使った方がいい二つの場合

こんにちは、広島の英語塾、スクール今西英語学院の今西一太です。最近少しずつ涼しくなってきて、たまに外でジョギングなどに行ったりしている日々です。

さて、先日英検3級を取ったばかりの中2の生徒から質問を受けました。

「英検準2級に向けて勉強したいけど、過去問を解いてみたら単語が難しすぎて歯が立ちません。単語帳を使って勉強した方がいいですか?」

とのことです。

その時は他の講師の先生と二人で一緒に教えていたのですが、偶然二人とも単語帳については同じ意見でした。その時にしたアドバイスをこちらに書いてみようと思います。


 

結論から言うと

「単語帳は一切使わんでよし!」

です(笑)

「その代わり長文を大量に読んで単語を覚えていくべし」

とアドバイスしました。

(ただし、単語帳の存在そのものを否定するわけではありません。効果が出る場合もありますので、後半で詳述します)

単語帳には幾つかの問題点があります。


・勉強していてつまらない(最大の欠点)
・記憶の仕組み上、覚えるのが難しい
・(単語帳によっては)活きた用法が覚えられず、日本語と一対一の訳の対応で覚えてしまう。


1.つまらない。「単語帳を読んでたら夢中になって気づいたら2時間たっていた」という方には、ぜひ単語帳をお勧めしますが、私の知る限りではほとんどの人は苦痛を感じながら単語帳をつかっているようです。苦痛を感じながらの勉強は記憶力が下がり、効率が悪くなります。

2.記憶の仕組み。単語帳での記憶は、文脈なしでの単純記憶になることがほとんどです。単純記憶のピークの年齢は12歳頃と言われており、それ以降は何か文脈の中などで記憶しないとなかなか記憶には残りません。長文を繰り返し読みながら文脈の中で理解する方が覚えやすいです。

3.日本語と一対一の対応で覚えてしまう。単語帳で覚えた単語の特徴は、日本語と英語が一対一で対応していることです。そうすると、例えば以下のようなことが起こる可能性があります。

「divide =分ける」 という風に覚えていたため、「シェアする」という意味で間違えて訳してしまう(本当は「分割する」というニュアンス)

「prevent = 防ぐ」 と覚えていたため、 "Rain prevented the tennis match." 「雨がテニスの試合を防いだ」と訳し、意味がよく分からなくなる。(prevent は「何かが起こらないよう、出来ないようにする」というニュアンス)

「involve = 関係する」 と覚えており、relate とどう違うのかが分からない。(involve は「避けられずに必ずついてくる」というニュアンス)

特に単語帳をフル活用している受験生を教えるとこういう例には事欠きません。上記、カッコ内で書いた「ニュアンス」を覚えるには、どうしても文脈や例文が必要になってきます。そういう面から言っても長文から単語を覚えていく方がお勧めです。

また、一対一対応で覚えるもう一つの弊害は、英文を読んだり聞いたりしているときに訳しながら理解する癖がつくことです。和訳をしながら理解すると理解スピードが大幅にさがり、大学受験や資格試験で必要とされる大量の英文を素早く処理する能力が養えません。

特に大学受験生は、もしすべての文を訳しながら読んだり聞いたりしているなら、その癖は一刻も早く改めないと、必ずいつか壁にぶち当たります。

 

さて、上記の問題点を避けるため、単語帳よりも英検の過去問の長文を「大量に繰り返し」読む方をお勧めします。数日以上の期間を空けて、できれば5回以上は繰り返し同じ長文を読み、その中で分からない単語は全て調べて覚えていく、という作戦をお勧めします。

私は今まで数多くの外国語を勉強し、英語、ドイツ語、中国語はある程度のレベルまで持っていきましたが、単語帳を使って勉強したことはほぼありません。

もちろん、人によって向き不向きはありますので、単語帳を使っての勉強が性に合っている人もいると思います。その場合は、ぜひ「英単語の勉強法で守るべきたった一つのルール」の記事を参考にしてみてください。

と、ここまで単語帳を批判してきましたが、単語帳が効果を発揮する場合もあります。以下に当てはまる場合は単語帳の利用を強く勧めます。


1.既になんとなく知っている単語の意味を整理する時

ゼロから覚えるのではなく、何となくの知識を整理する時には単語帳は非常に役に立ちます。

「あ、この単語ってこういう意味もあったんだ」
「この単語はこういうニュアンスだったのか、間違って覚えていた」


という感じのイメージです。

2.長文が入っている単語帳

単語帳の中には単語リストの中にある単語が出てくる長文が入っているものも多くあります。こちらは単語のリストというより、長文をメインに活用する形で利用をすれば、「1.単語の意味の整理」と併用しながら単語を覚えていくことが出来ます。

以上は個人的な意見ですので、人によっては同意できない部分もあると思いますが、参考にしていただければ嬉しく思います。


しかし、多くの学校が単語帳を使って「毎週50個単語を覚える」という課題を出しているのは本当に不思議です。その時間を使って洋書を読めばどれだけ英語力が上がるかと思うと残念な気持ちでいっぱいになるのですが…。「英語が出来ない日本人」を量産している一つの原因は、単語帳の過剰な利用にあると個人的には思っています。あまり大きな声では言えないので小さめのフォントです(笑)

関連記事
暗唱の良い例と悪い例
英語上達で意識すべき二つの事と定期テスト
絶対にやめた方が良い二種類の音読
今すぐ無料で英語を話す機会を10倍にする方法
英単語の勉強法で守るべきたった一つのルール
絶対に英語を苦手科目にしないため、中一がやるべきたった二つの事



英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ


 
at 2016/08/31 21:16:52