トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】なんでしょっちゅう生徒に質問するのか

【英語】なんでしょっちゅう生徒に質問するのか

こんにちは、広島市の四技能型英語塾、スクール今西英語学院の今西一太と申します。

最近とある予備校の先生が書いた、授業の方法に関するとある本を読みました。とても参考になる内容が多くて勉強になったのですが、一点だけ気になる点があり、そこについて今日は書いてみようと思います。

その点とは、「授業中に生徒に質問をするのはあまり意味がない」という主張です。

画像はイメージです

その先生曰く、授業において生徒に質問をする先生は単に答えの確認などを行っているだけのことが多く、そういうことをするのは時間の無駄なのでさっさと解説した方が効率的だ、ということでした。

なるほど、こういう考え方もあるのですね…。

しかし、少なくとも私は授業中に生徒に質問をしまくっていると思いますし、それをやめようとは一切思いません。質問をする一番大きな理由は

「生徒の現在の知識や理解度を確かめ、どこからどこまで説明すればいいのか判断する必要がある」

からです。

私が授業をするときの基本は、

「生徒がどこまで知っていて、どこからどこまで説明する必要があるのかを判断し、その出発点と帰結点をどれだけ効率的に結ぶかという最適解を出来るだけ素早く見つける

ということに尽きます。

「全く習ったことがないならこの例文から説明して、次にこの例で、最終的にこれが分かるようにしよう」

「この生徒でこの内容ならわざわざ説明するよりあのテキストのこの項目を自習してもらった方が効率がいいな」

「今の段階でこれを詳しく説明するのは逆効果だから、このぐらいのふんわりした理解でいてもらおう」

「一度習ったことがあるようだから例の提示は少な目でも大丈夫そうだな」

「この生徒(クラス)の学年、これまでの授業から見た理解力、目標などから判断すると、ここまでは説明しても大丈夫そうだけど、これは言わない方がよさそうだな」

などの判断を一瞬でするのはなかなかスリリングで、楽しい瞬間でもあります。

既に生徒が知っていることを延々と説明して退屈させたり、前提知識もないのにいきなり応用の説明をして理解が出来なくなるような状況は絶対に避けなければならないと思っています。

これを行うためには、生徒への質問というのは必要不可欠です。つまり、私が生徒に質問するのは

「これは知ってる?これは習った?どこまで覚えてる?これは説明した方がいい?」そして説明の途中での「ここまではわかった?」

という内容が非常に多いです。

学校や塾の先生について「あの先生の説明は分かりにくい」という先生の説明の仕方について聞いてみると、生徒の前提知識や理解度を確認しないまま、自分の中の決まったテンプレートで説明をしているような例が多くみられます。

集団指導ならこれはある程度しょうがないのですが、マンツーマン指導なのにずっと先生が話してばかりで眠くなる、という話さえ聞いたことがあります。

スクール今西の基本方針「生徒に寄り添う」から考えても、生徒の現状を理解せずに一方的にこちらから情報を提供するだけの授業は出来るだけ避けたいと考えています。1クラスの人数を少人数にしぼっているのもそれが大きな理由の1つです。

こういった内容は講師研修でも必ず取り上げており、今後もこの点を一層徹底して授業を行っていき、また先生たちに行ってもらうように情報共有をしていこうと思っています。

補足:もちろん最初の予備校の先生の論理も非常によく分かります。大人数を相手に効率よく指導する必要のある予備校と、少人数で生徒1人1人を見るスクールにおける指導方針の違いということだととらえています。

関連記事
at 2020/10/16 11:32:29