トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】なかなか上達しない人はまずこれを意識すべし

【英語】なかなか上達しない人はまずこれを意識すべし

こんにちは!広島市の英語塾、スクール今西英語学院の今西一太と申します。

先日書店に行った際、『なるほど合格勉強術』(宇都出雅巳 著)という本を見かけて購入し、読んでみました。いくつか参考になりそうな点がありましたが、特に印象に残ったポイントを簡潔に整理してみようと思います。

かなり多くのいい方法が提示してあったのですが、とりあえず最重要だと思ったのは以下のやり方でした。

一言で言うと、

「分からないところだけ、ひたすら繰り返し勉強しまくる」

もうちょっと詳しく言うと、

・使用する問題集の数を出来るだけ少なくし

・分かるところと分からないところに印をつけながら

・あまり考えこまず、ざっとでいいのでとにかく素早く進め

・印をした分かるところは飛ばしながら、分からないところだけひたすら何度も何度も繰り返しまくる

という勉強法です。

このブログでも単語の勉強法などで何度も「繰り返しが重要である」ということを訴えてきましたが、やはり同じようなことが書かれていました。単語に限らず、文法や長文の問題集でも同じことだということがよく分かりました。

参考記事↓
成績の良い生徒は反復回数が多い

問題集を使うときの原則2つ
面談でいつもお勧めしている確実な英検対策
英単語の勉強法で守るべきたった一つのルール

学力がイマイチ伸び悩んでいるという方、ぜひ上の方法を試してみてください。その他にも以下のようなことが書いてありました。ご興味のある方はぜひ本そのものを読んでみてください。

・参考書を読んでいる時、分からない箇所があっても止まらず、ざっくりとした理解でどんどん進める。その分、何度も何度も繰り返し学習し、少しずつ分からない箇所が分かってくるような状況を目指す。

・過去問はすぐにでも見てみる。解けなくてもよい。解答・解説を読書として出来るだけ早く読むことが大事。

・テキストに書き込む。出来るだけ太いペンを使う。もう勉強する必要がない項目は大きく「×」を書いたり、もう勉強する必要がないページはホッチキスで閉じてしまったりして、次に読むときに読み飛ばせるようにしておく。

・意志の力でがんばろうとしない。頑張らなくても継続できる方法を考える。やる気が出ない時は意志の力で頑張るのではなく、環境を変えることを考える(カフェで勉強する、など)

この記事だけではあまり詳しいことは書けませんが、面談などの際にこの本で読んだ知識を活用していこうと思っています。

関連記事: 
at 2020/09/25 12:27:31