トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】文法指導をおろそかにしない

【英語】文法指導をおろそかにしない

こんにちは、広島の四技能型英語塾、スクール今西英語学院の代表、今西一太です。

4月から5月にかけて新人の先生が立て続けに数名入られましたので、現在はその研修をどんどん行っています。

皆さん元々英語力がとても高いですし、経験もあるので指導方法の習得もとてもスムーズで助かっています。ただ、さらに良い指導を行えるようにするために、今週から毎週1回、一部の講師が集まって文法指導の研修会を行うことになりました。

現在はその準備を行っています。(以下は今西作成資料の一部)

 

初回の研修は「強調構文」「動名詞と不定詞の違い」「関係副詞」について扱う予定です。一人一人が独自の授業プランを用意して模擬指導を行い、お互いに学び合うという形で研修を行う予定です。先生方がどんな授業を用意してきて下さるか、とても楽しみです (^-^)

私の用意した資料はちょっとマニアックかもしれません…(笑)言語学の研究者でもあるので、どうしても文法マニア的な側面が出てしまうんですよね。それはそれで他の先生方に刺激を与えることが出来るかもしれない、と開き直っています。

「進学校の生徒の文法が恐ろしい勢いで崩れてきている」の記事でもお書きしましたが、最近は文法を軽視する指導が流行っている学校も多いようです。しかし、文法の習得は語学における一つの最重要ポイントです。決しておろそかにしないよう、これからも指導に磨きをかけて行こうと思います。

関連記事:
やっぱり多読は大事だし、やらないといけない
進学校の生徒の文法が恐ろしい勢いで崩れてきている
TOEFLクラスの教え方
長文読解の後に絶対やった方がいいこと

中高生の英語に対する見方を変える指導


英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ




 
at 2018/05/24 13:27:30