トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】英検2級で TOEFL iBT は何点?

【英語】英検2級で TOEFL iBT は何点?

 こんにちは、広島市の英語塾、スクール今西英語学院の今西一太です。今回は英検 TOEFL iBT の点数の相関について書こうと思います。

TOEFL iBT は英語を外国語として勉強していて、特に北米の大学に留学したいと思っている人が受ける試験です。試験は120点満点、読む・聞く・話す・書く、の4分野でそれぞれ30点ずつの配点、世界での平均スコアは80点、日本人受験者の平均スコアは70点ぐらいと言われています。

私は今までスクール今西や広島女学院中高などで中学生~社会人などに沢山TOEFL iBT を受験してもらってきました。その経験から、英検とTOEFL iBT の点数のリアルな相関が見えてきました。大体以下のような表に表せそうです。
 

英検とTOEFL iBT の相関
英検
TOEFL iBT
センター試験
留学の目安
1級
90-120
 
大学院・一流大学
準1級
60-90
180-200 (満点)
一般的な大学
2級
35-60
130-180
短大レベル
準2級
-35
-130
 


英検2級レベルの生徒は一番低くて35点程度、高くて60点程度の点を取る人がいました。ここ(2級が35点~60点に対応)についてはサンプルが多いのでけっこう正確な相関だと思います。

ネット上では TOEFL 60-70点が英検2級、といった換算表などもありますが、普通の英検2級レベルで60点以上を取るのはまず不可能だと思います。TOEFL iBT で60点以上取れるなら、英検準1級には合格できるのが普通でしょう。

TOEFL iBT の問題を「まともに」解くことが出来るのは、恐らく60点以上からになると思いますので、英検準1級取得レベルでないと TOEFL iBT はかなりきついという事になります。英検と比べてTOEFLのレベルの高さかが分かると思います。

英語を習得したいと思っている高校生は英検2級や準1級で満足せず、もっと上を目指して頑張ってみましょう!

スクール今西では英検4級から準1級までのレベルの対策を、生徒それぞれの現状に応じて個別指導、グループ授業などで行っています。詳しくは以下のページをご覧ください。

今西一太ツイッターアカウント


 

at 2016/10/27 21:01:54