トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】「子供が勉強しない…」と困っている時、保護者にできる質問

【英語】「子供が勉強しない…」と困っている時、保護者にできる質問

こんにちは、広島の四技能型英語塾、スクール今西の今西一太です。

「テスト前なのに子供が勉強をしなくて困っている」
「『勉強しなさい』と言っても反発されるばかりでどうしたらいいか分からない」

という保護者様はたくさんいらっしゃると思います。そういった保護者様のために、少しでも子供に勉強をしてもらうための声掛けについて今日は書こうと思います。

『人を動かす新たな三原則』(ダニエル・ピンク著)という本があります。ここに以下のような話がありました。(元々はマイケル・パンタロン著『思い通りに相手を変える6つのステップ』からの引用らしいですが、そちらの原書にはまだ当たれていません)

大切な試験があるのに、全然勉強をしようとしない子供がいるとしましょう。その子供に対して、どのように声掛けをしますか?
本には、こんな質問をするといいとありました。

「『全く勉強する気が無い』を1、『勉強するやる気に溢れている』を10として、1から10で今の気持ちを表すと幾つ?」


そして、相手が数字を答えたらこのように聞きます。

「なんでもっと低い数字を選ばなかったの?」

こういう質問をすることにより、

相手に自発的に勉強する理由を言わせることが出来る

効果があります。

「勉強したくない理由」から「勉強をする理由」を自発的に考えさせることが出来るという点で、相手の態度変容を期待することが出来る

と著者は語っています。

勉強しない子供がいて困っている保護者の方、ぜひこちらの質問を活用してみてはいかがでしょうか?(幸いうちの教室はしっかり勉強をしてくるしっかりした生徒が多いので、この質問を使う機会は少なそうです ^^;)

もし「1」と答える子供がいたらどうするんだろう、とも思ったのですが、そしたらもう親の側も諦めがつく、というものでしょうか ^^;
 

at 2016/10/08 12:04:22