トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】2021年度英検CBTの英作文はタイピング/手書きが選択できるように

【英語】2021年度英検CBTの英作文はタイピング/手書きが選択できるように

こんにちは、広島市の四技能型・英検対策の英語塾、スクール今西の今西一太と申します。

2020年度、英検には3種類の受験方式がありました。

・従来型の紙媒体の英検
・英検S-CBT(スピーキングは録音方式だがライティングは手書き)
・英検CBT(スピーキングは録音方式、ライティングはタイピング)

 

 

2月10日に英検協会から発表があり、このうち後の2つが統合されて新しい英検S-CBTとなるということです。

この新方式では、

・スピーキングは録音方式
・ライティングはタイピングと手書きのどちらかを選択できる

ということで、シンプルかつ便利な試験として生まれ変わることになったようです。

さらにリンク先の記事を見てもらえるとわかりますが、

「第1回試験」などの期間内にCBTを2回、従来型を1回の合計3回も受験が可能

となるそうです。

受験料は残念ながらどんどん上がっていますが…便利さはどんどんアップしていっている英検、時間やお金に余裕があって頑張ってみようという方はぜひ新方式も視野に入れて受験を目指していってみてください!

 

今西一太ツイッターアカウント

 

at 2021/02/18 14:40:00