トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】みんな and の使い方を間違っている

【英語】みんな and の使い方を間違っている

こんにちは、広島市、岡山市の四技能型英語塾、スクール今西英語学院の今西一太と申します。

スクール今西では英作文の添削を「英語ネイティブ講師→日本人講師」のダブルチェックで行っています。英語ネイティブが文法添削をし、その後日本人講師が文法や構成に関するコメントを付けています。

このうちの「日本人講師」の添削は最近ではもっぱら私が行っています。毎週毎週大量の英作文を見ていると、「このミスが本当に多い!」というミスがいくつか分かってきます。今日はそのうち、and but so の用法について取り上げます。

(よくある英作文ミスについては、「初級者がみんなやってしまう英作文ミス5つ」 「中級者がやってしまう英作文のミス5つ」などもご覧ください!)

結論から先に簡単に言うと、これらの三つを使う場合は以下の原則を守った方がよいです。

重要原則:文頭では(基本的に) and, but so を使わない

理由:この3つは「等位接続詞」(自分の左にある文・単語と右にある文・単語を等しい文法的要素として接続する品詞)なので、左右両方に文や単語がないといけない


例えば、以下の文の and は(間違いとまでは言いませんが)できるだけ避けた方がいい用法です。

I want to live in Tokyo. In Tokyo, there are a lot of interesting shops. And I especially want to go to ...

それでは、andなどをこのように文頭で使いたくなったらいったいどうすればいいのか、その解決策をいくつか見ていきましょう。

(1) 単純に消してしまう

上の例文であれば、andを消してしまっても意味的に全く問題なく通じますので、消してしまいましょう。

× I want to live in Tokyo. In Tokyo, there are a lot of interesting shops. And I especially want to go to ...


〇 I want to live in Tokyo. In Tokyo, there are a lot of interesting shops. I especially want to go to ...

(2) ピリオドではなくてコンマにする

文頭でだめなら、文頭でなく文の中間にしてしまえばよいのです。and but so の前のピリオドをコンマに変えてしまいましょう。

× He is poor. But he is happy.
〇 He is poor, but he is happy.
× I missed the train. So I was late for school.
〇 I missed the train, so I was late for school.


(3) 接続詞ではなく、「接続の意味を表す副詞」を用いる

and なら also や in addition、but なら however、so なら therefore など、同じ意味を表す副詞(句)を用いれば、文法的にOKです。

× He didn't want to go. But he went.
〇 He didn't want to go. However, he went.


以上、いかがでしたでしょうか?

教科書などでも and but so が文頭に来ている文を見かけることがありますが、それは強調などの特殊な効果を狙ったものが多く、慣れていないうちはまねをしない方が無難です。

上の原則と対策を守って、文法的により正しく英語が書けるように頑張っていきましょう!

※上の話はあくまで英作文の話です。会話では and but so を文頭(話始め)に用いるのはごく普通の事ですので注意してください。

関連記事
英作文で高得点を取る人が多い理由
初級者がみんなやってしまう英作文ミス5つ
中級者がやってしまう英作文のミス5つ

英作文添削コース

英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ
at 2019/05/09 09:34:01