トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】文法を勉強しても英作文で使えない

【英語】文法を勉強しても英作文で使えない

こんにちは、広島市の四技能型英語塾、スクール今西英語学院の今西一太です。

2017年11月5日、東京まで出張してセミナーに参加してきました。英語教育関係のセミナーで、いくつかのセッションがあったのですが、目当てだったのは教室で使用している

Grammar in Use シリーズ
(Basic Grammar in Use、Grammar in Use Intermediateなど)


に関するセミナーでした。Grammar in Use シリーズはケンブリッジ大学出版の出している英文法のテキストで、世界中で売れている非常に有名なテキストです

 
画像はイメージです

実際に高校の現場でこのテキストを使用していた先生が、このテキストの特徴などを説明してくれて、改めて特徴などを良くつかむことが出来ました。

その先生曰く、

・日本の文法書は「文法を当てはめる作業」を主に課題としている
・Grammar in Use シリーズは「状況から文法を考える作業」を主に課題としている


ということで、実際に両方を使用している私からしても納得のいく内容でした。

例えば、must have done 「~した(だった)に違いない」の問題を見てみましょう。

・日本のテキスト:日本語に合うように穴埋めをしなさい
人々が面白半分でそれをしたに違いない
People __________ __________ done it just for fun.
解答:must have

・Grammar in Use:状況から must have を使って文を作りなさい
I can’t find my umbrella. (I / leave / in the restaurant last night)
解答:I must have left it in the restaurant last night.


日本のテキストでは解説の方に「must have + 過去分詞 = ~したに違いない」と書いてあり、「~したに違いない」ときたら must have を書く、という作業的な問題演習となっています。

一方のGrammar in Use では、「傘が見つからない」という状況から「私、昨日、レストランで」というフレーズを使って文を作る練習をすることになっています。

Grammar in Use 的な文法学習の良い点は、上記のような作業を繰り返すことで、

・状況から文法が思い浮かぶ

という能力を身に着けることが出来ることです。これはまさに英作文や英会話で必要とされている能力です。

多くの英語の先生が悩んでいることは、「文法を勉強してもそれが英作文や英会話に活きてこないことが多い」ということです。

これはもしかすると、生徒が文法問題を解く際に「当てはめる作業」として行っていることが原因かもしれません。その対策にはまさにGrammar in Useが最適だと思います。

スクール今西の文法学習の目的は「英作文や英会話に活かせる文法を学習する」ことです。改めてGrammar in Useシリーズを使用していることの意義を再認識することが出来てよかったです。

関連記事:
聞いたことをまとめて話す能力
先生が教えようとしない
TOEFLクラスの教え方
長文読解の後に絶対やった方がいいこと
即興1分間スピーチ練習
カラフルなスピーキング課題

大学受験授業初回の様子
英語で聞き上手になる方法
中高生の英語に対する見方を変える指導


英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ

 
at 2017/11/07 20:43:20