トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】高校生になったらこれを中心に勉強する

【英語】高校生になったらこれを中心に勉強する

こんにちは、広島市中区の英語塾、School Imanishi 英語学院の今西一太がお送りします。

英語学習で一つだけ、一番重要な勉強法を選んでください、と言われると、皆さんは何を思い浮かべますか?

ちょっと自分の意見を考えてみて下さい。




私の答えは前から決まっていて、それは

「多読」(および多聴)

です。




多読とは読んでの通り、多く読むこと。多聴とは多く聴くことです。

発音と文法をある程度身に付けたらあとは多読、多聴で大量にインプットする、これ以上よい勉強法はありません。

英語で言えば、仮定法、分詞構文などの高1レベルの文法を身に着けた後は労力の9割以上を多読・多聴に割くべきでしょう。

後の一割は会話・英作文などのアウトプット活動です。

高1レベルの文法を身に着けた後も文法問題を使って延々と文法学習を続けるのは外国語学習の観点から言うと愚の骨頂ともいうべき、ひどい勉強法だと思います。従来型の日本の大学受験対策以外にはあまり役に立たないと言えるでしょう。

さて、多読について意外と知られていないのはどのぐらいの量を読めばよいのかということです。『英語多読・多聴指導マニュアル』(高橋敦子)にその目安が書いてあります。

それによると、多読の効果が本当に表れるのは100万語を読んだ頃とのことです。

100万語というと想像もつかないかもしれません。

例えば、本を本棚に並べて置いていくとします。どんどん並べて行って、約1メートルの幅になるぐらいの分量の本を全部読み切ればそれで、おそらく100万語ぐらいです。(もちろん文字の大きさにもよりますが)

もちろん私は英語でもドイツ語でもこの分量の少なくとも数倍は読書してきました。(中国語はこれからです笑)

そんなにたくさん読むのはとてもじゃないけど無理、と思った方。レベル分けがしてある洋書、いわゆる graded readers を使ってみて下さい。

graded readers では、単語や文法のレベルが段階的に調整してあるため、自分にとってちょうど良いレベルの本を選ぶことが出来、苦痛なく大量の読書が出来ます

School Imanishi では Oxford Bookwormsというシリーズや、Penguin Readers というシリーズを教室に用意しています。生徒は好きな本をどんどん借りて読んで行くことができます。

Oxford Bookworms の例
Penguin Readers の例

辞書を使わなくても読めるぐらい自分にとって簡単な本を選ぶのが継続のコツです。

私が英語とドイツ語を勉強した時は自分にとってかなり難しい本を読んだため、かなりのやる気、根気、精神力と何より膨大な時間が必要でした。今思えば、大学生だからできた勉強法だったかな、と思います。

同じことをするやる気と根気、時間のある方は難しい本から始めてもよいと思いますが、一般的には、簡単すぎるレベルから始めて、徐々に難しい本に移行していくのが結果的に100万語を達成する一番の近道になると思います。

大抵の graded readers には word count などといってその本に出てくる単語の数が裏表紙などに書いてあります。

その単語数の合計を数えていって100万語を目指して読書していくのもモチベーションを上げるには良い方法だと思います。

ぜひ試してみて下さい!


関連記事
多読のチャンピオン

高校生になったらこれを中心に勉強する
多読を頑張っている生徒


英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ

 
at 2015/07/12 23:50:43