トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】いきなり訳そうとしない

【英語】いきなり訳そうとしない

こんにちは。広島市の四技能型英語塾、スクール今西英語学院で初級クラスを担当しているナオです。

英検1級を持ち通訳としても活躍しているナオ先生のプロフィールなどは「講師プロフィール」へ)

今日は翻訳について少しお話をしたいと思います。

 


皆さんは「翻訳」と聞いてどんなことをイメージしますか?単語を調べて辞書に載っている単語に置き換える(日→英、英→日)?それもあります。

ただ、あまりにも直訳になりすぎると筆者のメッセージが伝わらないことがあります。より自然な日本語、そして英語にするためにはコツを一つご紹介します。

今回は、<日→英>についてお話したいと思います。

日本語から英語にするときには、まず「同一内言語翻訳」を試みます。

「同一言語内翻訳」??? なんでしょうね。

少し例を見ながら練習してみましょう。

日本語から英語にするうえで大切なのは「主語」「動詞」をとらえることです。「物の名前」「人」「出来事」なとがよく主語になります。主語が決まらなければ、動詞を先に決めてもいいですよ。

次の文を見てください。

私は車で通勤しているが、渋滞にぶつからないよう早めに家を出ている。

主語は「私」ですね。

「通勤しているが」とありますが、この場合の「が」は逆説”but”の意味でしょうか・・?

違いますよね。

「渋滞にぶつかる」「ぶつかる」「人とぶつかる」「ぶつかる」と同じ意味でしょうか・・?

これも違いますよね。

では、この日本語を同一言語内翻訳してみましょう

私は車で通勤しているが、渋滞にぶつからないよう早めに家を出ている。

私は車で仕事に行きますそして、渋滞を避けるために早く家を出ている。


I go to work by car, and I leave the house early to avoid traffic jams.

どうですか?簡単に英語にできましたね。

“go to work by car” は “drive to work” でもいいですよ。動詞一語で表現できるのであれば、動詞を使うほうがより自然な表現になります。

上の方法は、大学受験業界で「和文和訳」と言われたりもします。英訳の問題を解くには必須のテクニックです。

「単語を知らないから英語にできない」とあきらめる前に、同一言語内翻訳をして、より英語にしやすい日本語に置き換えてみると、案外簡単に訳せますよ。

試してみてくださいね♪


関連記事:
長文読解の後に絶対やった方がいいこと

リスニングはこの1冊で対策する
準1級合格中学生インタビュー
勉強を始める前にまず



英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ

 
at 2017/11/28 15:23:56