トップ  > Kazu's BLOG  > 【英語】リスニングはこの一冊で対策する

【英語】リスニングはこの一冊で対策する

こんにちは、広島市の四技能型英語塾、スクール今西英語学院の今西一太です。

今回はリスニング上達にお勧めの本を紹介したいと思います。これまでのブログエントリー

センター試験リスニング・TOEFLリスニングの勉強法
her は「ハー」ではない


などで少し書いてきましたが、英語リスニングはひたすら聞くだけよりも良い勉強法があります

中級者以上で英語リスニングが難しい理由はほぼ

文字と音声の乖離が激しいから聞き取れない

と言って過言ではないと思います。

 

例えば早口の英語では、her という単語は「ハー」ではなくて「アー」と発音され、しかも前の単語と一体化して発音されることが普通です。例えば、

Did you talk to her?



ディドユートークトゥハー

ではなく、

ディジュトークター

と発音されます。詳細が気になる方は her は「ハー」ではない をご覧ください。

このように文字と音声が乖離して聴き取りが難しい例をまとめた本が、

『英語リスニングのお医者さん』(西蔭浩子 著)

という本です。

この本では

・短縮(will not = ウォゥント)
・連結(tell us = テラス)
・脱落(beside me = ビサイミー)
・同化(as you = アジュ)
・弱形(him = イム)
・変形(get over = ゲロゥヴァ)
・数字
・カタカナ英語


というくくりに分けて、文字(など)と音声が乖離して聴き取りが難しくなる例を一つずつ克服するカリキュラムで勉強が進められるようになっています。夏期講習の弱形講座はこの本を参考にさせて頂きました。

リスニングに困っている方はぜひ一度この一冊を仕上げてみることをお勧めします。ただし、音声が非常に速いので中級者以上の方の方が良いかもしれません。

関連記事:
センター試験リスニング・TOEFLリスニングの勉強法
her は「ハー」ではない


英語学院・各コースのご案内
スクール今西のFacebook ページ



 
at 2017/09/26 19:49:18